巻尺

実は痩せやすい妊婦さんのダイエット法|体に負担をかけない

妊娠中は注意しましょう

妊婦

妊娠中は、大腸のぜん動運動を抑制する黄体ホルモンが増えたり、胎児が腸を圧迫するようになるので、便秘になりやすいと言われています。さらに、胎児の血液を作るために多くの水分をとられてしまうということも、妊婦の便秘を引き起こす誘因になります。そして、妊婦の場合には、便秘によって体内に溜まった有害物質が血液中に吸収されて体の中を巡るようになると、胎児にも悪い影響を与えることになるので、便秘解消が必要です。この場合の便秘解消の方法としては、便を排出しやすくする食品を摂ることと、妊娠中でもできる適度な運動を行うことが挙げられます。食品の場合には、大腸の動きを良くする食物繊維、腸内環境を良くする乳酸菌、乳酸菌のエサとなり腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖などを積極的に摂るようにすると良いでしょう。そして、妊婦の場合にはつわりなどがあって、十分に食事が摂れないこともあるので、そんなときは飲みやすいサプリを利用することをお勧めします。ただ、この場合には妊娠中に飲んで良いかということや、自分の場合に便秘解消になるかということを、医師に相談してから飲むようにすることが大切です。さらに運動による便秘解消法としては、適度なストレッチや体操、ウォーキングなどを行うことも効果的と言えるでしょう。なお、この場合には運動をやり過ぎると胎児にも影響が出るので、妊婦にお勧めというようなものを選び、少しでも体調に不安が出てきたときは病院で相談する方が良いでしょう。